夫婦喧嘩終結:産後の副業でリフレッシュ

2019年4月9日

とりあえず仲直り

昨日の久しぶりの大喧嘩は無事に収束した
妻も別部屋でゆっくり寝たことで落ち着きを取り戻し
昨日の件についてお互いに反省
結果的に育児関連は筆者(夫)が全般を受け持つ形になった
妻としては母親にも関わらず母乳をあげられない
家事も正直辛いが「母親として」の義務感を強く感じていたが
一人になって考えを整理し主夫である筆者に任す決断をできた
筆者としては「ゲームをできる」だけで人生ハッピーなので無問題
出産前から想定していたとおり育児も家事の延長線上にあり
「妻のご飯を作る」に「ミルクを作る」がプラスされた印象
精神的負担は全く感じていない
あとは最近『SEKIRO』が楽しいのも大きい
妻には育児を気にせず趣味や仕事に専念して良い旨を伝える

妻は副業を開始

妻はグラフィックデザイナーだが今回の件を機に副業を開始
産前に購入したiMacを起動してAdove CCを登録
「ランサーズ」で仕事を探して案件をこなし始める
育休中も報酬型クラウドソーシング形式の副業はOKなので
無理をしない範囲で頑張ってもらう
妻にとってはデザイン自体「趣味」のようなもので
自身がワーカホリックであることを自覚していた
夫としても仕事が最大の息抜きになると考えている

頼るところは頼る

今回の件はお互いに無理をし過ぎたことが問題であり
夫婦である以上「頼るところは頼る」精神の重要性を実感
餅は餅屋の精神で人間向き不向きがあるので
筆者は家事全般を担当し妻には存分にお金を稼いで貰いたい
妻はお金を使う趣味も無いのだが家計が潤えば
筆者の精神的余裕も異なってくる
元々想定してた妻が家計を支え夫が家庭を保つ形で頑張りたい

今日の感想

産後は繰り返し「趣味何かしたら?」と聞いていたのだが
ガス抜きが出来ていなかったことも産後うつの原因だと思う
妻は元々仕事以外に趣味が無い人で交友関係もほぼ無いので
産後はひたすら育児に「耐える」ことが続いていた
ひとまずは解決したと考えているが
今後も長期的な目線でお互いが幸せになれる形を模索したい

コメント