1ヶ月健診の報告と抱っこ紐はまだ無理だった話

2019年4月16日

抱っこ紐は無理

友人から頂いたAmazonギフトを活用し抱っこ紐を購入
モノは情報を調べて「エルゴベビー アダプト」にした
3歳まで長く使えて腰への負担も少ないらしい
主な用途は妻の復職後の買い物時なので楽なのが第一
ベビーカーを使う予定も無いのでこれ一つで頑張りたい

エルゴベビーのデメリットに装着方法が難解とあったが
確かに説明書を3回読み直してようやく理解できるレベル
ようやく手順を把握して装着を試みると問題が発覚
生後一ヶ月では小さすぎて股が開かず上手に座れない
無理やり股を開かせて抱っこすると泣いてしまう
構造的に明らかに無理な状態だと気づく
もう少し大きくなってから再チャレンジしよう

タクシーで病院へ

抱っこ紐&電車移動は諦めてタクシーを使うことに
退院時も含めて出産・育児は交通費が地味に痛い
ちなみにタクシーは配車アプリ「Japan Taxi」を利用
現在地で1ボタン呼び出し、ネット決済可能で超便利
近くのタクシーもアプリから確認できたり進化が凄まじい

ちなみにチャイルドシート有のタクシーは割高になるので
後部座席でおくるみ抱っこし普通のタクシーで向かう
病院到着後は専用のキャスター付きベッドで移動
受付待ちの間お婆ちゃん方に「可愛い」と褒められる

あっさり終了

体重・身長以外に体の機能、親の質問・相談・指導など
時間が掛かるイメージをだったがあっさり終了
やったことは下記の通り

  • 予防接種の案内(冊子)渡される
  • 身長・体重測定
  • 沐浴の洗い残し(皮脂汚れ)指摘
  • 飲ませているミルクの量聞かれる
  • 手足関節の動きを確認
  • 質疑応答

身長・体重についても特に指摘なし(=問題ない?)
質問タイムも手足を動かしつつ「聞きたいことある?」
くらいで回答もざっくばらんな印象を受けた

ホスピタリティは無いが重く捉えなくて良いと逆に安心
心配しすぎずとも子供は勝手に育つということ

今日の感想

1ヶ月の成果発表のような気持ちもあったが淡々と終わった
何にせよ問題ないようで一安心
その後は駅まで歩いてからタクシーを拾って帰宅

久しぶりの外気浴だが目を瞑ったきりだった退院時と違い
興味深く周りを見ていたように思う
普段と違う世界の見え方に気づいているのだろうか
今後は近くの散歩も始めて世界を少しずつ広げていきたい

コメント